公式ブログの翻訳

公式ブログを読み解く|Dragoのブリーディングについて

chainlink

Dragoのブリーディングについて公式mediumの記事を翻訳しつつまとめています。

先日リーグオブキングダムのゲームで使われる予定のDrago NFTがローンチされます。

属性の違う親ドラゴンを選んで卵ゲットし、孵化させるという。。どっかで聞いたことあるような流れですが…

そこで生まれたDragoは、今後のP2Eに大きな役割を果たすようです。

今回読み解く記事がこちら

League of Kingdoms Integrates Chainlink VRF To Help Power Drago NFT Breeding

2022年5月末時点で、最新の情報になります。

本記事でユーザーが注目するべき内容

この記事で私たちゲームユーザーが抑えるべき内容は以下の通りです。

・DragoのNFT mintはランダム性が保証されいていて、運営や外部によって改ざんされる心配はない。

他、ほぼシステム側の内容でした。

翻訳のための要点メモ

以下、記事読解するにあたり要点をまとめたメモです。参考まで。

We’re excited to announce that League of Kingdoms — a blockchain-based 4x MMO strategy game — has integrated Chainlink Verifiable Random Function (VRF) on Ethereum mainnet. By integrating the industry-leading decentralized oracle network, we now have access to a tamper-proof and auditable source of randomness needed to help provide randomized traits for new Drago NFTs hatched in the breeding game. Ultimately this creates a more exciting and transparent user experience, as users can independently verify that the genes from each dragon parent were used to mint the Drago NFT offspring in a randomized manner, creating unique Drago NFTs with variable character traits.

■要約|インテグレーションに関するコメント
・リーグオブキングダムのシステムがChainlink Verifiable Random Function (VRF)に移行された
・ 理由は、ドラゴとドラゴの卵、卵の孵化に関連する一連のNFTについて、改ざんの無い完全にランダムなものにするため。
・これによってユーザーは、刺激的で透明性のある体験を実現する。

・・・

League of Kingdoms is a 4x (Explore, Expand, Exploit, Exterminate) massively multiplayer online game (MMO) strategy game with a growing community of more than 800,000 monthly active users. Having launched back in July 2020, it’s the first 4x MMO strategy game to use smart contracts for transactions and governance. Now, League of Kingdoms Arena, the game’s governance system, is building a decentralized gaming platform. The project is backed by industry-leading investors, including a16z, Hashed, Sequoia, Binance Labs, and Blocktower Capital.

■要約|League of Kingdomsとは?
・月間アクティブユーザーは80万人以上。
・多人数参加型オンライン(MMO)戦略ゲーム
・2020年7月にローンチした
・取引とガバナンスにスマートコントラクトを使用している
・ガバナンストークンはLeague of Kingdoms Arena(LOKA)
・プロジェクトのスポンサー:a16z、Hashed、Sequoia、Binance Labs、Blocktower Capitalなど

・・・

In order to help ensure a fair process for Drago breeding, we needed access to a secure random number generator (RNG) that any user could independently audit. However, RNG solutions for smart contracts require several security considerations to prevent manipulation and ensure system integrity. For instance, RNG solutions derived from blockchain data like block hashes can be exploited by miners/validators, while off-chain RNG solutions derived from off-chain APIs are opaque and don’t provide users with definitive proof about the integrity of the process.

■要約|Drago NFTのランダム性についての問題点
・ドラゴの公正なプロセスを確保ために、どのユーザーも独立して監査できる安全な乱数発生器(RNG)が必要だった。
・しかし、ブロックハッシュのようなブロックチェーンデータに由来するRNGソリューションは、マイナー/バリデーターに悪用される可能性があった。
・オフチェーンAPIに由来するオフチェーンRNGソリューションも不透明で、プロセスの完全性に関する決定的な証明がない。
・つまり、スマートコントラクト用の RNG ソリューションは、不正操作を防止し、システムの完全性を確保するために、いくつかのセキュリティ上の配慮が必要だった。

・・・

After reviewing various solutions, we selected Chainlink VRF because it’s based on cutting-edge academic research, supported by a time-tested oracle network, and secured through the generation and on-chain verification of cryptographic proofs that prove the integrity of each random number supplied to smart contracts.

■要約|Chainlink VRFを採用
・様々なソリューションを検討した結果、Chainlink VRFを採用しました
・理由①実績あるオラクルネットワークに支えられている
・理由➁スマートコントラクトに供給される各乱数の完全性を証明する暗号証明の生成とオンチェーン検証によって安全性が確保されている。

・・・

Chainlink VRF works by combining block data that is still unknown when the request is made with the oracle node’s pre-committed private key to generate both a random number and a cryptographic proof. The League of Kingdom’s smart contract will only accept the random number input if it has a valid cryptographic proof, and the cryptographic proof can only be generated if the VRF process is tamper-proof. This provides our users with automated and verifiable assurances directly on-chain that the randomness underpinning Drago breeding is provably fair and was not tampered with by the oracle, outside entities, or the League of Kingdoms team.

公式Medium

■要約|Chainlink VRFの仕組み
・リクエストが行われると、未知のブロックデータとオラクルノードが事前にコミットした秘密鍵とを組み合わせて、乱数と暗号証明の両方を生成する
・League of Kingdomのスマートコントラクトは、有効な暗号証明がある場合にのみ乱数の入力を受け付ける。
・暗号証明はVRFのプロセスが改ざん不可能な場合にのみ生成することが可能
・上記によって、ドラゴ繁殖を支える乱数が公正であり、その立証が可能。
・オラクルや外部団体、League of Kingdomsのチームによって改ざんされていないことを、ユーザーに向けて直接オンチェーンで自動検証している。

・・・

“What’s interesting about Web3 games in the metaverse is that we are striving to create an interconnected digital world where everybody has aligned incentives and nobody acts maliciously. Chainlink VRF plays a key role within our metaverse, as it allows users to hatch Drago NFT using a provably fair and tamper-proof source of randomness.” — Chan Lee, CEO of League of Kingdoms.

■要約|リーグ・オブ・キングダムズのCEO、Chan Lee氏のコメント
・メタバースにおけるWeb3ゲームの面白さには次の3つが必要
 ・すべての人のインセンティブが一致すること
 ・誰も悪意を持って行動しないこと
 ・相互接続されたデジタル世界の創造に努めること
・Chainlink VRFは、証明可能で公正かつ改ざん不可能なランダム性を有する。
・だからLOKのメタバースにおいて重要な役割を担っている。

おわり