仮想通貨の買い方

はじめてのNFT|買い方、売り方、価格設定まで詳しく書きました!

NFT転売

NFTの買い方と売り方についてまとめています。

NFTは転売できると聞いたけど、やり方がわからない。NFT買い方を詳しく教えて欲しい!

こんな疑問にお応えします。

いきなりですが、NFTの売買は「お金を稼げるチャンス大」です!

なぜなら、2022年に入り、日本国内からも世界に通じるコンテンツ力を持ったNFTコレクションがいくつもリリースされているからです。

一般的に、市場が拡大していくフェーズでは、ファインド等から大きな資金流入があります。また、NFT自体、世界のどこにいても購入することができる仕組みであることを考えると、日本のNFTコンテンツが世界に届きマーケットが一気に広がります。

本記事では、NFTの買い方と売り方を解説します。

私がNFT売買をやってみた感想から、再現性についての考察、次に狙うプロジェクト紹介とNFT売買のフルパッケージでお届けします!

早速見ていきましょう。

NFTの買い方|イーサリアムが必要

NFT転売について、まずは「仕入れの方法」から見ていきましょう。

手順としては以下の通りです。

・bitFlyerに登録
・イーサリアムを購入
・MetaMaskを導入
・イーサリアムをMetaMaskへ送金
・OpenSeaにアクセス
・NFTを購入

NFTを買うためには仮想通貨が必要です。

ただし「ビットコイン」ではありません!

NFTを買うためには「イーサリアム」という仮想通貨を使います。

順番に見ていきましょう。

bitFlyerに登録

NFTを始める最初のステップとして、bitFlyerで口座開設をしましょう。

NFT転売に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからbitFlyer公式サイトにアクセスします。

口座開設は簡単にできるので、トップページの「新規登録」から登録を進めていきましょう。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

関連記事:【PC版】bitFlyerの口座開設方法|全画面スクショあり

ちなみに、国内の仮想通貨取引所であれば、どこでもイーサリアムを購入できます。

・コインチェック
・BITPoint
・Coinbase

などが有名どころですね。

ただ、bitFlyerだと、イーサリアムの板取引ができるため、価格的に安くイーサリアムを入手できるため、個人的にはbitFlyerをつかっています。

イーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはbitFlyerに日本円を入金します。

ホーム画面の左側「入出金」から日本円を入金できます。

入金方法には「銀行振込」、「インターネットバンキング」、「コンビニ入金」の3つから選択可能です。

bitFlyerに日本円が入金できたらホーム画面左「販売所」からETH/JPYを選択して日本円で購入します。

walltet
イーサリアムの購入方法|国内取引所はビットフライヤーがお得! イーサリアムの購入方法についてまとめています。 仮想通貨というとビットコインが有名ですが、NFTを扱うためにはイーサリアムが必要...

もし、FXなどでチャートに慣れている方や、10万円~大きめの金額で一度にまとめてイーサリアムを購入する場合は、「bitFlyer Lighting」が若干お得です。

関連記事:よりお得にイーサリアムを購入する方法|bitFlyerで板取引を実践

MetaMaskを導入

MetaMask

NFT売買でイーサリアムを使用するには、「MetaMask(メタマスク)」という仮想通貨のお財布を用意します。

購入したイーサリアムを送る必要があるからです。

また将来的に購入したNFTも、MetaMaskにしまう事になるため、NFT転売には必須のツールです。

MetaMaskを作成する場合は、GoogleChromを使用します。

Chrome版MetaMaskの拡張機能を導入して、財布の作成に進みます。

登録が完了すれば、MetaMaskの導入は完了です。

walltet
MetaMask(メタマスク)の使い方|はじめてのNFTウオレット MetaMask(メタマスク)の使い方についてまとめています。 Metamaskは世界で一番使われている「仮想通貨ウオレット」で...

イーサリアムをMetaMaskへ送金

bitFlyerで購入したイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

まずは作成したMetaMaskを開き、あなたのMetaMaskアドレスをコピーしてください。「0x…」という文字列です。

この時、ネットワークはイーサリアムメインネットを選択します。(デフォルトではイーサリアムメインネットが設定されています。)

ネットワークを間違えると送金した仮想通貨が戻ってこなくなってしまうため、特に注意しが必要です。

bitFlyerに戻り、「入出金」→「イーサリアム」→「送付」→「アドレスを登録」の順でクリックします。

メールアドレスへアドレス追加用のURLが送られますので、クリックして登録を進めます。

sendeth
最後に、送りたい「イーサリアムの金額」「暗証番号」を入力して「送付する」を押せば送金完了です。

イーサリアムの送金には2分〜5分かかりますので、しばらく待ってMetaMaskにイーサリアムが入金されたことを確認しましょう。

※初回の送金には時間がかかるかもしれません。私の場合、完了メールがきて、ETHがメタマスクに反映されるまでに2日くらいかかりました。かなり焦りましたが、大丈夫です!

2回目以降の送金は3分程度で完了します。

walltet
bitFlyerからMetaMaskへイーサリアムを送金する方法|全スクショ付き! イーサリアムの送金手順をまとめています。 本記事では、bitFlyerからMetaMaskへイーサリアムを送金する方法について詳...

NFTマーケットプレイスにアクセス

ここまでで、MetaMaskへイーサリアムをしまう事ができました。MetaMaskにイーサリアムが入っていれば、世界中どこのNFTマーケットプレイスでもNFTを購入することができます。

※ただし、NFT販売サイトには怪しいサイトもあるため、注意が必要です。

本記事では、世界で最も人気のある「OpenSea」というNFTマーケットプレイスに登録する手順を説明します。

Opnesea

まずは、OpenSeaの 公式サイト にアクセスします。

OpenSeaでは、NFTを購入するために「MetaMaskを接続する」という準備が必要です。

◆MetaMaskを接続する手順
・画面右上のアカウントマークを選択
・「Setting」を選択
・MetaMaskを選択
・ポップアップウィンドウで「署名」を選択

これでOpenSeaとMetaMaskの紐付けが完了です。

このあと簡単なアカウント認証プロセスがあります。

◆OpenSeaのアカウント認証
・「Setting」を選択
・「Profile Setting」ページに必要な箇所を入力
 (UsernameとEmail AdressくらいでOK)
・「Save」を選択

送られてきたメールを確認して、「VERIFY MY EMAIL」をクリックします。

これでメール認証も完了したことになります。

以上でOpenSeaの登録が完了したので、NFTの購入と販売ができるようになりました。

NFTを購入する

OpenseaでNFTを購入する方法を説明していきます。いよいよですね。

まずは、OpenSeaのトップページへアクセスします。

一番上の「検索窓」に気になるNFTコレクション名を入力して検索します。

すると、出品されているNFTの一覧が表示されるので、好きなNFTを選びましょう。

またはトップ画面を下の方にスクロールしていくと、NFTコレクションのランキングを見ることができます。いきなり購入するよりも、しばらく価格の変動をウォッチしてみるといいと思います。

欲しいNFTが決まったら、商品ページに移動して支払いをします。

◆表示されている価格で購入する場合
・「Buy now」を選択
・表示されるポップアップウインドウを確認
・チェックボックスにチェック

*注意*購入する際にはイーサリアムで支払いを行うための手数料(ガス代)が必要なので、表示されている価格とガス代を足した金額が合計支払い金額です。

最後に「Confirm Checkout」を選択、これで購入が完了しました。

アカウントページに行って、購入したNFTを確認してみましょう。

・・・

NFTを購入しようとしたら、イーサリアムのマークが赤く表示されている場合があります。

その際は、ETHではなく、WETHという別の通貨が必要です。

関連記事:WETHの入手方法|交換するだけ

NFTの売り方|見えない手数料に注意!

ここからは、OpenSeaでNFTを販売する方法を解説します。

OpenSeaでNFTを販売する流れは以下の通りです。

・売り出すNFTを選ぶ
・「Sell」ボタンをクリック
・販売方法を決める
・販売金額、販売期間を設定
・出品する


販売方法は3つあります

・固定額販売
・オークション形式
・ダッチオークション形式

まずは「固定価格」で販売してみるといいと思います。

ほかの販売方法もメリット、デメリットがあるので、色々と試しつつ、商品やコレクションに合った販売方法を選べるといいでしょう。

販売価格の設定|見えない手数料に注意!

OpenSeaでNFTを販売する際に、把握しておくべき手数料がこちらです。

1,購入時のガス代
2,販売開始のガス代
3,クリエイター手数料
4,OpenSeaの手数料

1と2はイーサリアムというブロックチェーン上で決済を行うための手数料です。

変動しますが、だいたい0.01-0.02ETH(3000円~5000円くらい)だと思います。これが2回かかります。

そして見落としがちなのが3,クリエイター手数料です。上の図の真ん中あたり「Creator Fees:10%」がこれです。

OpenSeaの構造上、NFTが売れるとその一部が自動的に作者へチャリンとなる仕組みになっています。販売価格を設定する際には、この「クリエイター手数料」を計算にいれておく必要があります。(※クリエイター手数料はコレクションによって設定が異なります)

例)NFTを0.01ETHで購入して、販売価格を0.2ETHとした場合

購入時のガス代:0.002ETH
販売開始のガス代:0.002ETH
クリエイター手数料:0.002ETH
OpenSeaの手数料:0.005ETH

0.01ETHで仕入れたNFTを0.2ETHで販売したら、手残りは0.19ETHですが、

その裏では、0.065ETHが引かれています。

つまり、ホントの手残りは0.125ETHです。

利益額に影響するため、価格設定時には注意が必要です。

NFT転売、結局稼げるの?2週間で10万円の利益

私も実際にNFT転売をやってみました。

結果、粗利ベースですが、約0.45ETH=日本円で10万円前後の収益がでています。

CNPの転売で利益がでた時の条件は以下の通りです。

-WLは持ってなかった
-OpenSeaで買って、OpenSeaで売った
-買った価格:0.01ETH x 3
-売った価格:0.05ETH x1, 0.198ETH x 1
-1体まだ手元にある
-FPは0.23ETH(2022年6月月初)

5月15日に販売開始されたCNPを転売した結果、半月ほどで10万円の利益がでています。

このブログを執筆時点での収益がこちら

確定粗利:0.218ETH
含み益:0.23ETH(FPより)
Total:0.448ETH

CNPとは?

CryptoNinja Partners(CNP)は、CryptoNinjaのサブキャラクターが主役となるNFTプロジェクトです。

キャラクターの数は22,222体。4種類のキャラ(パンダ/幽霊/鷹/ヘビ, 敬称略)がベースとなっていますが、すべてのデザインはユニークです。

2022年5月15日(日)9時にプレセールを開始し、1時間程度というものすごいスピードで完売しています。

公式HP:CryptoNinja Partners

・・・

以下、CNP売買の顛末をだらだらと書きます。

WLを持っていない私は、5/15(日)9amリリースの時間にOpenSeaでスタンバっていました。…WLを獲得する行為は苦手です。WLを貰うにはプロジェクト対して何かしらの貢献が必要です。もちろんプロジェクトは応援していますし、ずっと見てました。でも横で見ているのが好きな私は、きっとコミュニティに入り込めないなぁという人間です:)さて、5/15(日)、9amが過ぎると、CNPがミントされて、次々にアップされてきます。NFTの価格は「0.01ETH」でした。WLで購入した方からすると10倍の価格です。それでもOpenSeaでは、CNPが売れまくっていました。それもそのはずで、0.01ETHは大体3000円くらい。販売価格から10倍になっていると言っても大した値段ではないんです。

とりあえずイケてそうなデザインを3つ選んで買い(0.01ETH x 3)、そのまま1つを0.05ETHで売り出しました。

itemsold

即完売。この時点で、0.02ETH利益が確定しました^^

その後CNPのFPは右肩上がりに上昇し、2週間経った時には0.2ETHを超える勢い。販売価格から200倍です。私はこのタイミングで2つ目のCNPを放出しました。価格は0.198ETH。見事に完売です。

NFTを所有する意義

買ったNFTを全部転売したわけではなくて、ちゃんと自分用の物を1つ、財布にしまっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cnplee.png

1つ持っていると、いろいろな特典があるのもNFTの面白いところです。

直近では、Ninja DAOという国内最大級のDAOのDiscord内で、プロジェクトの企画部屋がCNPホルダー限定に解放されています。

また、次のNFTプロジェクトも企画されているようで、CNPホルダーには優先的な権利が配布されそうです。

現時点で販売すると5万円を利確できますが、それ以上に魅力的な権利がえられる仕組みになっている。

ここがNFT、特にCNPを保有する意義だと感じています。

NFT転売に再現性はあるか?

ここまで読んできてこう考える方がいるかもしれません。

転売して利益が出たのって、「CNP」が初めてのジェネラティブだったからでしょ?同じことをやっても稼げる保証がないのでは?

確かに、その通りかもしれません。

実際に私は、他のNFTコレクションをリリース直後にいくつか買って転売を試みているのですが、上手く行ったのは「CNP」だけです。

・企画
・コンテンツ
・コミュニティ
・セールス

すべてが嚙み合ったプロジェクトだったからこそ、「WLなし/OpenSeaの転売」で利益を得られた…

そんな見方が正しいかもしれません。

NFT転売を成功させるコツ|市場のゆがみ

そもそも「商品を転売して稼ぐ」は、市場のゆがみ的なところを見つける必要があります。

市場のゆがみとは、需要があるのに出回っているものが少ない。こんな意味合いです。

貴重なモノが高く売れる。

当たり前ですが、誰もがそんな商品やコンテンツを見つけることはできません。

もっと言うと、一般的な人にとって歪みの中にあるモノは、「怪しい」対象ですらあり、手を出すことすらできないと思います。

これは「リスク」でもあります。

そういう意味では、NFTってなんとなく聞くけどどんなもの?どれをかったらいいのかな?という状態の日本のNFTマーケットへ投入されたCNPは、ユーザーにとって、ある種、信頼のおける「貴重なモノ」になったのでしょう。

そして、ローンチ当日にCNPを買う事ができた人は、歪みを上手くお金に替えられた事例になっています。

次に狙うNFTコレクション

「やっぱりね…NFTといっても簡単に稼げるわけない」

そうがっかりするのは、ちょっと早いかもしれません。

CNPの次なるプロジェクト「CNP Jobs(CNPJ)」がリリースされようとしています。

公式HP:CNP Jobs

私が注目するポイント3つです。

・CNP x 職業がコンセプト
・すでにCNPホルダーは3000以上
・イケハヤ氏がセールスを担当

第一に、コンテンツの内容はとても重要です。職業を含んだNFTは、OpenSeaでもないコンテンツカテゴリです。

過去に私は、海外で寿司職人だった経緯から、プロフィール用にとSushi ChefのNFTを探したことが何回かありましたが、結局見つかっていません。CNP#12438を選んだ理由もそこにあります。

こんな感じで、自分の仕事のNFTがあれば、そのNFTを所有する意味が生まれます

CNPシリーズであれば、少なくとも3,000人以上の人が自分の職業に関するコレクションが気になることは間違いありません。

CNPJのセールスは、インフルエンサーのイケハヤ氏です。言わずと知れたマーケティングのプロ。CNPの元祖であるCrypto Ninjaの生みの親でもあります。きっと市場が盛り上がる仕掛けでCNPJをローンチしてくれるはずです。

※DYOR, NFAです。

気になるところも…

こんな感じで、盛り上がりを期待しているCNPJですが、ちょっときになる点もあります。

それが、公式HPのRoadmap。

NFT売る事は決まっているけど、その先がない!これは正直不安です。たとえローンチ後の転売狙いだとしても不安です^^。

海外のプロジェクトでも大きく売りだして、すぐに消えていくプロジェクトは無数にあります。

運営の方に悪気が無くても、NFTを買う側には注意したい部分です。

CNPJのロードマップアップデートを期待しています。

NFT転売の準備|稼ぎたいなら今月中にやれ!!

cnpj

CNPJのリリースは7月17日です。あと1か月ちょっとですね。

それまでに準備しておく事をまとめました。

・CNPを所有する
・公式Twitterの情報を確認する
・イケハヤ氏のラジオを聞く

もし金銭的に余裕があれば、サッさとCNPを買っておきます。1体0.2ETHなので5万円くらいです。

10万円くらい用意できれば、次のCNPJ用のETHも用意できますね。

そんなに手持ちが出せない!と言う方は、少なくとも1万円、できれば3万円分のETHをMetaMaskに入れておきます

7月17日までに、何かしらの方法で優先購入権がゲットできれば、3万円でもたくさんのCNPJを仕込めるはずです。

情報収集については、基本、セールス担当のイケハヤ氏の Voicy を聞いておけば大丈夫だと思います。Twitter が好きな人はこちらが公式Crypto Ninjaです。

・・・

こんなところで以上になります。

NFT転売のやり方について書きました。

2022年後半は、日本国内のNFTコレクションが次々と立ち上がります。

次のチャンスを掴みたいかたは、今月中に行動することをおすすめします!

bitFlyerに登録
・イーサリアムを購入
・MetaMaskを導入
・イーサリアムをMetaMaskへ送金
OpenSeaにアクセス
・NFTを購入

最低限イーサリアムをMetaMaskに入れるところまではやっておきましょう!